お知らせ

2020-05-15 17:30:00
米作りが始まりました。田植え 2

DSCN0588.JPG           DSCN0582.JPG

 

等間隔に何度も往復しながら植えていきます。

 

DSCN0589.JPG              DSCN0575.JPG

 

田植えが終わると稲を寒さから守るために水を深く入れます。

田んぼに鳥海山が映りこむ「逆さ鳥海」は稲の苗が大きくなるまでの

この季節のわずかな期間だけ楽しめる素敵な景色です。

 

1DSCN0570.jpg

 

 

 

 

 

2020-05-15 16:27:00

IMG_5353.JPG IMG_5357.JPG

 

苗の草丈が12~15cm、本葉が3.5~5枚ぐらいまでに育ったころ

田植えをします。

 

DSCN0598.JPG 米作りが始まりました。田植え

 

畦に育苗箱を並べ苗取シートを挿し込み田植機にセットします。

 

 

 

2020-05-07 15:27:00

  IMG_5162.JPG                  IMG_5176.JPG

 

田起こしした田んぼに水を張り代かきをします。

トラクターで田んぼの土を細かく砕いて掻き混ぜます。

 

IMG_5059.JPG               IMG_5182.JPG 

 

 

代かきすることで田んぼには水が貯えられ、苗は植えやすくなり

根付きと発育がよくなります。

雑草の種を深く埋め込むので雑草が生えてくるのを抑える効果もあります。

 

 

2020-04-20 14:35:00

IMG_4973.JPG                IMG_4855.JPG

 

 

昨年の秋、収穫が終わった田んぼは水を抜き、土が乾いた状態で春を迎えます。

4月の中旬頃の暖かい晴れた日を選び、ここ庄内では一斉に田起こしがあちこちで始まります。

田んぼの土を深く耕して土が持っている力を向上させ、収穫量を増やすことができるからです。

 

 

 IMG_4951.JPG                IMG_5016.JPG

 

 

植物由来の米糠発酵肥料の他、稲の切株や刈り草などの有機物も

一緒に混ぜ込まれ有機肥料となります。

また深く耕すことで雑草の発生も抑えます。

 

2020-04-01 11:10:00

『米の国 庄内』のHP並びにネットショップをご利用いただき
  誠にありがとうございます。 


 

お米お辞儀 色.jpg

誠に勝手ながら、当サイト並びにネットショップは下記の赤字の期間、GW休業とさせていただきます。
その間に頂戴いたしましたお問い合わせ・ご注文等につきましては、
5月7(木)以降の対応となりますので何卒ご了承ください。    

 

4/29
(水)

4/30

(木)

5/1

(金)

5/2

(土)

5/3

(日)

5/4

(月)

5/5

(火)

5/6

(水)

5/7

(木)

5/8

(金)

× × × × × ×
1 2